●“鶴岡市立加茂水族館様”プロジェクター型サイネージ「スペースプレイヤー」

加茂水族館スペースプレイヤー 加茂水族館スペースプレイヤー 目玉展示の円形大水槽から出口へ向かう通路途中の天井・配線ダクトに設置。プロジェクター方式の空間演出が珍しいためか、スペースプレイヤーの映像に立ち止まる来館者様が多く、男女年齢関係なく反応が大きいです。現在はクラゲ映像を床に投影して手や服などに映す演出「手のりクラゲ」として大変ご好評いただいています。
加茂水族館スペースプレイヤー 加茂水族館スペースプレイヤー 加茂水族館スペースプレイヤー

●“鶴岡市立加茂水族館様”展示生物解説タッチパネルディスプレイ&コンテンツ

加茂水族館外観 加茂水族館タッチパネル46インチ
クラゲ展示種類世界一を誇る鶴岡市立加茂水族館のクラゲ展示室にタッチパネルディスプレイ&コンテンツを設置。4ヶ国語(日・英・中・韓)に対応したコンテンツで来館者様の解説機能を充実させています。 ●46インチメインディスプレイ
庄内地方・国内外のクラゲ、毒のあるクラゲ、毒のないクラゲとカテゴリーごとにクラゲ個体の解説が検索できるコンテンツ。また、クラゲにまつわるクイズゲームもあり来館者様を楽しませております。
加茂水族館タッチパネル32インチ 加茂水族館タッチパネル32インチ 加茂水族館タッチパネル32インチ
●32インチタッチパネルディスプレイ
ミズクラゲの不思議な一生を学習できるコンテンツ。
●32インチタッチパネルディスプレイ
クラゲの詳しい分類とクラゲにまつわる豆知識を学習できるコンテンツ。
●32インチタッチパネルディスプレイ
2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が同水族館を訪問した様子が閲覧できるコンテンツ。
ページのトップへ戻る